ベジタリアンでも、そうでなくても。知っておきたい、 野菜とワインのペアリング5つのヒント

ワインとフードの組み合わせは、人生最大の喜びの一つかもしれません。でも、ワインと合わせる食べ物というと、大抵はお肉、お魚、またはチーズとされるのが、昔からの知恵、通例でしでした。ベジタリアンやヴィーガンの人たちは、取り残されてしまっていました。

動物性の食品を取らない選択をした場合、野菜料理やサラダ、豆腐、その他植物性のものをいただきますよね。そんな時にきっと役に立つ、5つのヒントです。

まずは静かに全体像を

bottlesxo bottle bottles xo vegetarian vegan wine pairing how to drink wine salad grilled vegetables curry indian food tips wine craft beer delivery spirits shanghai suzhou china

完璧なワインと完璧なお肉やチーズのペアリングのガイド本に、科学的な根拠が詳細に書かれている場合がありますが、野菜の場合はその水準で考える必要はありません。一般的なルールと同じです。ボディ、酸味、脂肪分、甘みなどを考慮してください。お料理にワインを合わせる時に考えるのと同じです。似た特徴のものを合わせるのか、コントラストの違いを楽しむかのか(例えば、脂肪分の多い料理に酸味のあるワイン、といった具合)。

野菜=軽めのワイン、とは限らない

bottlesxo bottle bottles xo vegetarian vegan wine pairing how to drink wine salad grilled vegetables curry indian food tips wine craft beer delivery spirits shanghai suzhou china

通常、重めのしっかりとした赤ワインには、ビーフやラム、ポークその他の肉類が合うとされています- でも、それだけが理由ではありません。ワインの味を少し分析してみましょう。 しっかりとした赤ワインのタンニンは苦味となります。タンニンは、キノコや豆類、しょうゆ、豆腐やテンペなどに含まれているうまみ成分やタンパク質で、まろやかにバランスを取ることができます。一方、料理にお酢やレモンなどを適量、例えばドレッシングなどに使うことで、赤ワインに酸味を補填することができます。

使われているシーズニング

bottlesxo bottle bottles xo vegetarian vegan wine pairing how to drink wine salad grilled vegetables curry indian food tips wine craft beer delivery spirits shanghai suzhou china

特定の野菜やヴィーガンが使う代用品に、特定のワインを合わせるのは難しいことです。でも、困難を回避する方法があります。その料理に使われている調味料やハーブ、スパイスやドレッシング、シーズニングに合わせるのです。赤ワインは、サルサソースやバーベキューソース同様、トマトベースのソースに合います。 一方、もう少し柔らかい白ワインは、柑橘系のバターソースやクリームソース、ピーナッツソースや、軽めのカレーベースのソースに合います。

スパイシーフードにスウィートワイン

bottlesxo bottle bottles xo vegetarian vegan wine pairing how to drink wine salad grilled vegetables curry indian food tips wine craft beer delivery spirits shanghai suzhou china

少し熱を加えて泡立てる料理には、お肉が含まれていようがなかろうが、相性のいいワインがあります。甘めの白ワインです。ワインの糖分がスパイシーさをほどよくカットしてくれます。ドイツのリースリングが、まさに最適と言えるでしょう。インドや中国のスパイシーな料理に合わられる、用途の広い白ワインです。ピノ・グリージョもいいでしょう。

重いものには重いものを

bottlesxo bottle bottles xo vegetarian vegan wine pairing how to drink wine salad grilled vegetables curry indian food tips wine craft beer delivery spirits shanghai suzhou china

ベジタリアンやヴィーガン料理にも当てはまる、もう一つのワイン・ペアリングのルールはこれです。重い料理には重いワインを。 赤ワインでも白ワインでも、重めのワインはコクのある重めの料理が合います。同様に、軽めのマイルドなワインは、軽めのマイルドな料理が合います。重要なのは、そのどちらにも力を入れすぎないことです。

お腹がすいてきましたか?さっそくこの中のどれかを試して見ましょう。上海と蘇州であれば、どこにでもすぐにお届けいたします。BottlesXOのアプリは、 こちらから ダウンロードできます。