W杯ベスト4出揃う!その国のお酒は??(ベスト8進出国をカバー)

W杯、盛り上がっています!サムライブルーの活躍も記憶に新しいところ。7月6日にはベスト8が激突し、歴史に残る名勝負を見せてくれました。

そのベスト8進出国を代表するものをご紹介いたしましょう・・・そこは、私たち、お酒をお届けする会社です。 ベスト8出場国は、どんなお酒を飲んでいるかにフォーカスしました。

フランス
パスティス

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

フランスといえば、ボルドー、ブルゴーニュ、コート・ド・ローヌといった伝説的なワインが、なんといっても有名ですね。しかし、この国のお酒の秘密兵器、パスティスという名の、ちょっとおしゃれなリコリスのリキュールです。 水を加えると、白くミルキーな色になるクリアなスピリッツ。(通常、このお酒は飲み手の好みの冷たく冷やした水を加えて飲むことが多いのです)。とても強烈で、爽やか。南国でゆったりとくつろぐライフスタイルを連想させるお酒です。  暑い日のリフレッシュに、これ以上のものはありません。

クロアチア
ラキヤ

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

ラキヤ(またはラキカ, 地域によって異なります) は、バルカン半島ではとてもポピュラーな、アルコール度数の高い強烈な果実酒です。クロアチアでは最もよく飲まれているお酒で、様々な果物から作られた、様々なフレーバーのラキヤがあります。原材料となる果物は、バラエティ豊か。 シュリヴォヴィツァと呼ばれる、スモモで出来たもの(図参照)が、クロアチア中部で人気です。その他の地域では、ハーブやアニス、ナッツ類からも作られています。アルコール度数は、平均40度以上、中には50度のものもあります。飲み過ぎには要注意です。

ロシア
ウォッカ

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks
これはもう紹介するまでもありませんね。 ロシアが誇るアルコールの輸出品、ウオッカは14世紀からロシア国内で生産されています。 –良質なものは–そのクリーンな味わいと繊細なフレーバーが有名です。真面目な話、それはショットやホワイトロシア(カクテル)以上のものです。 法律ではアルコール度数が37.5%以上のものがウォッカと名乗れるようですが、良質なものはすっきりとその味が楽しめます。

ブラジル
カシャーサ

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

ブラジルで一番人気の蒸留酒。カイピリーニャ(カクテル)を作るのに欠かせない、魔法のポーション。それが、カシャーサ。(カシャッサということもあります) 発酵したサトウキビの絞り汁から作られます。 ブラジルではピンガとも呼ばれて(カシャッサということもあります) 発酵したサトウキビの絞り汁から作られます。 ブラジルではピンガとも呼ばれています。同じサトウキビを原料とするラム酒は、サトウキビから砂糖を生産する際にできる糖蜜から作られますが、カシャーサは、サトウキビの絞り汁そのものから作られますその製造法の違いから、カシャーサはより複雑なフレーバーが楽しめるお酒になっています。

ベルギー
ベルギービール

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

ベルギー以上にビールと密接な繋がりがある国はないでしょう。この国には、様々な独自の地域ごとスタイル –  数多くの教会や修道院で伝統的な製法で作られている–    があります。しかし、ベルギービールと聞くと、私たちが思い起こすことがいくつかありますね。 スパイシー・ノート、花のような香り、そして高いアルコール度数など。その地方の素材や製造方法などのおかげです。世界的に有名なブランドもブルージュにはありますが、今では、小さなブルワリーが、独自のベルギースタイルのビールを作っています。

スウェーデン

アクアビット

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

アクアヴィットは、その名の通りbrännvin (燃えるワインという意味)、強いスピリッツの一種です。穀物やジャガイモの蒸留酒で、様々なハーブの香りがつけられています。 EUではアルコール度数が最低でも35.7%と定められています。 シュナップスにとても近いお酒で、同様の楽しみ方ができ、様々なフレーバーのものがあります。 様々なフレーバーのものがあります。 スウェーデンでは、地域ごとにフレーバーが異なります。各地を訪ね歩いて、それぞれ違うフレーバーを楽しむことができます。

ウルグアイ
カーニャ

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

もしあなたが、ラテンアメリカで飲み物を探したら、すぐに見つかるのが、アグアルディエンテ(もしくは、稀に”ファイヤリーウォーター”)でしょう。 強いお酒の名前です。 カーニャiはそのウルグアイ版です。 琥珀色のサトウキビから作られるお酒です。 もしストレートで飲むのがお好みでないのなら、 メディオ・イ・メディオ(文字通り、ハーフ&ハーフ、半々という意味)の、同量のスパークリングワインと割って飲むのをお勧めします。

イングランド
ジン

world cup france uruguay sweden croatia russia brazil england belgium gin akvavit rakia rakija pastis spirits vodka what do countries drink bottlesxo bottle bottles xo shanghai suzhou best app apps singapore hong kong alcohol delivery drinks

オランダ発祥にも関わらず、ジンはイングランドを代表するスピリッツです。 基本的には、ウォッカにとても似ています。違いは、そのボタニカル成分の導入です。様々な原材料が、蒸留または再蒸留の過程でいく通りもの組み合わせで加えられていきます。– そしてインテンス(香り)や個性的なフレーバーがもたらされるのです。今日では、世界中で何千もの違う素材でジンはつくられています。しかし、イングランドのバーを巡ると、あなたはきっとジンのフルラインがあるのに気がつくでしょう。トニックで割って飲むのがお勧めですが、もしできることなら、イングランドの日差しのもとお楽しみいただくと、さらに美味しく感じることでしょう。

 

 

上海と蘇州では、豪華賞品の当たる、ワードカップのキャンペーン継続中です。詳しい情報は、 こちらをクリックしてください。